基本は英会話。話せないと聴き取れない。

基本は英会話。話せないと聴き取れない。


私は19歳~20歳の頃に近所の米軍基地にて

 週1回英会話をしていました。

今思い出しますと、なかなか意味があったと思いますし、

日常会話を自然と話せるようになった気がします。
 

 

『英会話が上達』 ⇒ 『TOEICスコアアップ』

というのは、一見繋がらないような気もしますが、
『喋れないことは理解していないのと一緒』であり、

だいぶ意味はあると思いますし、何より英会話は

インプット (参考書などで学習)した後の、

アウトプットになりますから、
記憶するスピードは格段と速くなります。

 
ちなみに、私が通っていた英会話教室は、

 
・先生は米国人主婦 (旦那さんがアーミーとして来日)


・1回のレッスンは1時間半~2時間くらい。


・基本はテキストを使用し、それに関係する英会話を行う。


・質問・不明点があればどんどん質問しますし、

 私がおかしな表現・間違った単語チョイスをした場合は指摘して貰う。


・時々夕食を家族と一緒にしたり、ボーリングで遊んだり、

 Independence Dayにはお祭りに行ったりと。

ということで、リスニングを鍛えようとするならば、

まずは、英会話に力を入れなくてはなりません。
但し、これは「英会話学校やオンライン英会話に行きなさい」

と言っているわけではありません。

 

TOEIC リスニングで点数を稼ぐのであれば、

スピーキングを普段から意識する必要があるということです。

つまり、多くの人は、TOEICリスニングを学習する際に、

リスニング用教材を購入して、問題を解く。答え合わせをする。

こういった学習法しか実践していないと思いますが、

根本的なリスニング力を向上させたいのであれば、

スピーキングにも力をいれないといけないということを、

再認識する必要があるということです。

 

発音スキル・ネイティブ英語を聴き取れるようになるTOEIC対策・学習法

英語の発音.com

⇒ 英語の発音.com

 

英語「本来の発音」を勉強し、その発音を矯正する学習法。TOEICリスニングで流れてくる英語をスムーズに聴き取れるようになります。

 

体験談・詳細はこちらから