最短でリスニングスキルを身につけるなら発音矯正

最短でリスニングスキルを身につけるなら発音矯正
英語のリスニングを短期間でマスターしたいということであれば、発音矯正が最も優れている考え方だと思います。発音矯正のポイントは「マネ」をすることです。正しい発音方法を知って、それを忠実に真似る。これが最も効率が良く、結果も出やすい理由です。


仕事にしたって、先輩から盗めとかって言いますが、あれも、つまりマネなんです。マネをして、自分の中で咀嚼して、最終的に自分のものとする。これは人が成長する基本的なプロセスのうちの一つでもあります。



そして、もう一つの大事な点は、「マネする対象」です。誰のマネをするかが物凄く大事です。よく、上司は選べないとかって言いますが、あれは「ダメな上司に当たってしまったら、成長は期待できない」ってことの比喩ですよね。というくらい、盗む相手、マネをする人って大事なんです。



私がおススメする英語の発音.com の場合、Dr. Kinoshitaっていう人がそれに該当します。細かいプロフィールはこちらを参考にして下さい。
⇒ http://www.eigonohatsuon.com/inventor/ とにかく英語を教えるプロからマネ・盗んだ方がいいということです。この場合、「ネイティブの人であればいいんじゃない?」っていう疑問があると思いますが、「ネイティブだから、英語の発音を真似よう」っていう短絡的な考えはとてもリスキーです。



例えば、あなたが日本語教師である場合を除きますが、友人の外国人に日本語を正確に教えることが出来ますか?それなりに教えることは出来ますよね。でも、決して教えるプロではない訳ですから、それは教わる側からしたら、ベストな先生ではないんです。ニュアンスは伝えられますが、正確な情報と共に説明できるかといったら。


いずれにせよ、発音矯正をするに当たって遅いということはありません。思い立った今からでも継続して行えば、間違いなく結果はついてきます。最終的に、TOEIC リスニングパートのスコアアップを実現することが出来、トータルで900点を取得できるはずです。

発音矯正ならこれの右に出るものはなし。おススメの超優良教材。

英語の発音.com

⇒ 英語の発音.com

 

英語「本来の発音」を勉強し、その発音を矯正する学習法。TOEICリスニングで流れてくる英語をスムーズに聴き取れるようになります。

 

体験談・詳細はこちらから