英語環境にいればリスニング力は向上するのか?

英語環境にいればリスニング力は向上するのか?

 

私自身は日本語と英語が入り混じった職場にいますが、

英語環境にいるからといって、リスニング力が飛躍的に向上するとは、

決して思えません。

 

と、言いますのも、米国人、英国人、及び英語を

第一言語として話す国の方々は、文法通りに英語を使わない為です。

 

決して文法使いが間違っている、という意味ではなく、「省略」とか、

「隠語」とか、「代名詞の多用」とかを頻繁に使う為、

TOEICリスニングに効果的である(つまり、「聴き取る能力」を身につけられる)、という風には一概には言えないと思うのです。

「Hey! Ko, Do you know where the minutes of meeting have been filed?」

という風には言わず、

「Hey! Ko, (きょろきょろしながら) you know, MOM? 」とかが普通です。

TOEICリスニングの設問や放送分は、「文法に則った適切な文章」です。

我々 日本人に置き換えればわかりますが、

「やぁ、Koさん。あなたはさっきの会議の議事録が

どこに保管されているか知っていますか?」

といった会話にはなり得ないです。

よって、いくら周りに外国人がいて、英語を頻繁に使うような場面があったとしても、リスニング力アップには結びつかない気がします(もちろんゼロでは御座いませんが)。


それよりも、むしろ リーディング力に効果があると思います。

先ほどの 「Minutes of Meeting」だとか、「sales profit」とか、

「confenrence」とか、「~, otherwise, ~」とか、結構、

ビジネス英単語が飛び交います。

 

TOEICで言えば、リーディングに効果が認められるはずです。

 

 

英会話スクールを活用するTOEIC対策・学習法

英会話のAEON

⇒ 英会話のAEON

 

実際に英語を話しながらTOEICリスニングスキルをアップ出来ます。実践的な表現や発音を直接専属トレーナーに質問することが出来ます。

 

体験談・詳細はこちらから