NHKラジオ英会話はTOEICリスニングに効果的か?

NHKラジオ英会話はTOEICリスニングに効果的か?

NHKのラジオ英会話はTOEIC対策になり得るでしょうか?私の経験上、TOEICのみならず、英語力を総合的に強化したい人にとって、間違いなく力になると思います。NHKラジオのみならず、NHKテレビ英会話シリーズもよいと思います。

 



ただし、ラジオもテレビも 継続してなんぼですけどね。2012年06月現在、NHKの英語ラジオプログラムには多数のコンテンツがありますが、TOEIC受験者向きなのは、「入門ビジネス英語」「実践ビジネス英語」「攻略英語リスニング」の3プログラムだと思います。


NHKラジオ英会話は極めて優良な英語教材だと言えます。価格もそうですし、継続する仕組みの完成度もそうですし、モチベーションをキープ出来るプログラムの構成も。リスニングはもちろん、リーディングだって 発音矯正だって出来ますしね。

何を隠そう、私自身もNHKラジオ英会話のリスナーでした。13歳から14歳までの1年間、「基礎英語シリーズ」を聴いていましたし、16歳から18歳からの3年間、「英会話入門 (今はこの名称ではありません)」を聴いていました。そして、自分で言うのもなんですが、「毎日」きちんと聴いていました。


CDは一度も購入せず、あくまでもスケジュール通りに学習していたんです。朝・昼・夜と一日3回番組があり (昼・夜は再放送)、基本的には毎日夜、学習していましたが、止むを得ず夜に聴けない場合は、朝聴くようにし、継続して学習していました。


さて、このラジオ英会話の特長は先程述べた通りですが、今、改めて思い返すと、一番の利点は「フレーズを記憶し易い」ことだと思っています。何せ、10年以上前の経験にも関わらず、いまだに憶えているフレーズとかがあるんです。これは、番組制作に携わっている人たちの努力のおかげであり、その仕組みを活用しない手立てはありません。


ではでは、その「フレーズ」はどんなものがあるかと言うと、以下は「入門ビジネス英語」にある「今週のフレーズ」の一例です。


(以下引用)


  • The objective of this meeting is to decide on the copy.  

 

  • この会議の目的はコピーを決めることです。

 

  • 解説: 

objective は「目的、目標」という意味の名詞です。「得られる成果を具体的にイメージできる目的」に対して使います。よって、会議の始めに The objective of this meeting is ... (この会議の目的は…です)と言うと、会議の目的を告げ、その会議でどのような成果を出したいのか、何を決定したいのかなどを明確にすることができます。社内・社外を問わず、会議の始めにおける必須表現です。


(引用終わり)



これをこのまま暗記してしまうんです。それで翌日そのまま使ったり、ちょっと応用して使ったりすると、あっという間に記憶に定着するんですよね。個人的には、これがラジオ英会話の最大のメリット。お金を出してでも買いたい貴重な体験だと感じています。



また、「1年間のうち、いつでも始められる」こともNHKラジオ英会話の特長ですので、この記事を読んで興味が湧いた人は是非どうぞ。

 

 

NHK英会話を活用したTOEIC対策・学習法

⇒ 入門ビジネス英語・実践ビジネス英語・攻略英語リスニング

 

オフィスで使う英語、国際びじねすにて使う英語などをレベル別に学習できます。購入は「Fujisan.co.jp」から購入するのが便利です。売上ランキングや口コミ・レビューも事前に確認することが出来ます。