時間が掛かるPart 7は、最初に解くべきか?

時間が掛かるPart 7は、最初に解くべきか?

 

「試験開始と同時に、Part 7に取り掛かる」人が結構います。

「時間配分」の意味でも「英語としての難易度」の意味でも

「最も難しい」とされる Part 7を、

頭が空っぽで集中力もある段階で解いてしまおう、

という理由からのようです。

ちなみに私は、この方法で解いたことはありません。

難しいのを先にやっちゃおう、ってのは分かりますけど、

果たしてどこまで先に解けるんでしょうか?

試したことないので 何とも言えませんが、

Part 7のSP (Single Passage)ならまだしも、

DP (Double Passage)に取り組んだとしたら、

いくら Part 1の説明アナウンスがそこそこ長いとしても、

設問内容理解も、問題文理解も、マーキングも、

全てが中途半端になってしまいます。

 

 

「少しでも長い説明文を先読みして、

後々、内容理解の一助とする」っていう捉え方も

あるかもしれませんが、貴重な時間 (試験開始~Part 1 開始)を

単なる問題文の理解に使ってしまうのは如何なものでしょうか。

 

ましてや、多少の問題文、及び説明文の事前理解を出来たとしても、

Part 7に辿り着く頃には、忘れてしまっているはずです。

理想的なのは、その「貴重な時間」内で完結 (内容理解~マーキング)出来る、

Part5 に取組むということだと思います。

 

1問当たりに費やす時間も数秒ですから、

Part1が開始する直前にも戻り易いはずです。

 

更には、Part 5をなるべく多く早めに終わらせてしまうことで、

Part 7に辿り着くスピードも速くなりますので、

その分 Part7に時間を費やすことが出来ます。

 

 

Part 7を「地力」で全問解けるようになるTOEIC対策・学習法

TIME

⇒ TIME

 

やや難易度が高い記事が満載の国際英文ニュース誌です。Part 7とは比較にならないかもしれませんが、TIMEの記事を読み、理解し、記事のポイントを掴むことが出来るようになれば、英文読解の「地力」を習得することが出来ます。

 

体験談・詳細はこちらから