TOEIC 単語を効率的に暗記する為の心構え

TOEIC 単語を効率的に暗記する為の心構え

TOEICで900点を取る為にはどれくらいの単語を覚えればよいのでしょうか?
一般的に言われているのが 約15,000語くらいあれば十分とのことです。


既に550点レベルをクリアしている方でしたら、
5,000語くらいは頭に入っていると思われますので、あと10,000語ですね。
となると地道に一つ一つ暗記をしていきましょう、


となりがちですが TOEICにはそこまで一つ一つ暗記しなくてもいいと思います。
もともとビジネス英語に関する設問が多いせいか、
いわゆる学術的な単語や古めかしい単語は出てきません。
ちなみに、出てきたとしても設問の本筋には間違いなく関係ないんです。
これはTOEICの常識ですね。


その難解単語に惑わされないよう注意して下さい。
よって、ビジネス英語やオフィスで飛び交うような
単語を覚えてしまえばいいわけです。
全く海外の企業とやり取りする仕事に
就いていない人にとっては実践的ではないですが、
学術単語と違い、はるかに使用頻度はありますので、
一度暗記してしまえば 将来のチャンスで使える表現ばかりです。


例えば、"place" an order、"issue" a Purchase Order, "make" the appointment,
Thank you for your "keen" attention, Your comment would be"appreciated"・・・など。
決して難しくないですし、意外と実用的な単語です。


そして、これらの実用的な単語を、「単語集で無理やり暗記」
することは非常にもったいないと感じます。


日常業務で英語を使用する機会の無い方は、
毎日自分が行っている作業を英語で話せるよう、
頭の中で復唱するなり、分からない表現があれば調べるなりすれば、
自然とTOEICでスコアアップに繋がる単語は身に就いているはずです。


TOEICの本質を考えますと、ビジネスの場で使用される言葉・表現を、
日常業務を通じて頭に入れてしまうことが最も手っ取り早く、
かつ大幅なスコアアップに繋がるはずですから。