TOEIC 単語 効率的な暗記方法

TOEIC 単語 効率的な暗記方法



私は「TOEIC用」という意味で単語を暗記したことは殆どなく、
英検1級単語を暗記した財産で どうにか対応している感じです。


単語帳は世の中に数多く出回っていますが、
正直どれもそんなに変わらないと思います。
(稀に、どうしようもなく質が悪いのがありますけど)
単語集を購入する際に、一番注目したいのが「例文の充実具合」です。


どうやら人間の記憶というものは よっぽど強いインパクトが無い限り、
記憶として定着することは難しいようで、「如何に記憶に定着させるか」
しかも「長期間記憶に留めるか」が 大変重要になってきます。


それを英語の単語に照らし合わせると、『例文』が

キーになることは間違いありません。
各単語を使用した例文は、その単語を使う際のイメージを創造してくれますし、
実際にその場面になるとアウトプットも出来ます。


この例文が最低でも1センテンス、2センテンスあれば最高ですね。
その単語集は「買い」です。
また、更に効率よく学習する為には、電子辞書に記載されている例文を、
その単語集に手書きで加えることも一つの手ではあります。
但し、転記作業は大変時間が掛かりますので、

効率的ではなくなってしまいますね。


単語集を揃えたら、次のアクションは「暗記作業」です。
1日10単語を毎日続ける! のような学習法も聞いたことはありますが、
暗記する単語量が少なすぎる為 効率的ではありません。


1500語ある単語集であれば「1日100個」を

1カ月 (30日間)で暗記してしまいましょう。

1日で完璧に暗記出来なくても可ですが、

一日に取組む量は100語に設定して下さい。

 


既に英検1合格している人、または、TOEIC 900点以上を

持っている方には納得頂けると思いますが、

1日数個ずつ暗記するよりも、
100語くらいを一気に憶えてしまう方が、
綴りが似ている単語の見分けとかを利用出来るので、
意外に早く憶えれるんです。


単語の暗記は長期間でじっくり行うのではなく、

あくまでも短期間で一気に脳にインプットするものと思いましょう。



そして実際の暗記のトレーニング方法ですが、
日 → 英を100問連続で、口頭で言えるようにする。


その後、英 → 日を同じく100問連続で発音する。
その際に例文も読みあげれば、直ぐに単語なんて暗記できます。


但し、自分の発音が間違ってしまっている可能性もありますので、
それを防ぐ為に、付属CDで確認する作業が必要となってきます。


通勤・通学の際に聞くことが出来ますし、5分でも構いませんから、
すき間時間を使えばいくらでも耳から暗記することが可能となるのです。


こういったプロセスを経て、一通り1500語を終えましたら2周目に突入です。
ここからは記憶の定着化を行うステージです。時間を空けてしまったが故に
忘れてしまった単語、逆に時間がたったにも関わらず、
憶えている単語などさまざまな単語と出会います。


思い出す作業がかなり大変だとは思いますが、
「今正に単語を憶えようとしている!」と学ぶ喜びを感じながら、
楽しんで暗記してみて下さい。


駆け足で大枠をお話しましたが、単語暗記に王道はありません。
地道にバラエティーを増やしていった人たちだけが
英単語を自分のものに出来るるんです。


TOEIC 550点前後でくすぶっている人たちは、
取り敢えず英単語力を今の1.5倍するようして下さい。
それだけでスコアアップも望めますし、
何より英語力に深みが増しますもんね。