TOEIC Part 1 の傾向を掴もう

TOEIC Part 1 の傾向を掴もう

TOEIC Part 1 を効率的に学習する際に、

一つの傾向を把握してから行って下さい。

 

その傾向とは、「写真の主役以外の物体を意識」することです。

Part 1 では、人物がいたり、物が置いてあったりしますよね。

そういった写真を見ると、どうしても人物に目がいってしまい、

その人物が何をしているかを中心に考えてしまうんです。

 

写真を見て、そうなってしまうのは致し方ないのですが、

その結果、ナレーションでは全く異なる内容が話され、

正答を導き出せなかったら、意味がありません。

 

この点に留意頂いた上で、TOEIC Part 1では、

モノの状態に関して出題されることを強く意識して、

学習に取り組んで頂きたく思います。

 

例を見てみましょうか。

 

part 1 Example.jpg

 

 

パッと見て、車が走っていると頭には浮かびますが、

主語を「木々」にした場合、The trees are planted.

とも言えるんです。

 

更に主語を「空」にした場合、The sky is clear.

とも言えてしまいますね。

 

この手の出題方法は、10問中2問くらいあるときもあります。

よって、主語の意識を人物から、その他のモノに向けるだけで、

いかなるナレーションへの対応が可能となり、

正答の数もぐぐっと上がりますね。